春風亭昇吉の高校はどこ?俳句や気象予報士としての評判!西尾由佳理との関係!

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/noo/trendytalking.com/public_html/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 143

東京大学出身では初となる落語家の春風亭昇吉さん。

5月には真打ちに昇進することが決まっています。

落語家として昇進する春風亭昇吉さんですが、気象予報士としても活動されています。

このマルチな才能はどこの学校で培われた者でしょうか、出身高校はどこなのか気になります。

そこで今回は、春風亭昇吉の高校はどこ?俳句や気象予報士としての評判!西尾由佳理との関係!をテーマにまとめました。

 

春風亭昇吉のプロフィール

春風亭 昇吉(しゅんぷうてい しょうきち)


誕生日:1979年10月29日
出身地:岡山県
師 匠:春風亭昇太
名 跡:春風亭昇吉(2007年 - )
出囃子:独楽
所 属:落語芸術協会、ワタナベエンターテインメント
資 格:気象予報士、岡山検定「達人」、江戸文化歴史検定 2級、漢字検定 準一級

受賞歴
2006年 全日本学生落語選手権優勝
2007年 東京大学総長大賞受賞
2016年 北とぴあ若手落語家競演会北とぴあ大賞
2017年 さがみはら若手落語家選手権優勝

春風亭昇吉さんは、岡山県赤磐市出身の落語家です。

落語芸術協会会員で二つ目になります。

春風亭昇吉の経歴

地元の岡山大学卒業後に23歳で東京大学文科二類に入学します。

落語研究会に入部し「井の線亭ビリ馬(いのせんてい びりば)」を名乗り、2006年に第3回全日本学生落語選手権・策伝大賞で優勝しました。

東大卒業時には「総長大賞」を受賞し、MENSA会員である事からも東大卒業生の中でも注目の一人ですね。

春風亭昇太さんに入門したのは東大卒業後の2007年。

2021年5月上席より三遊亭小笑さん、春風亭昇々さん、笑福亭羽光さんらとともに真打昇進予定となっています。

春風亭昇吉の高校はどこ?

春風亭昇吉さんは岡山県立岡山城東高等学校を卒業しました。

同校は1987年設立ながら高い進学実績で知られています。

普通科と音楽科が設置されており、春風亭昇吉さんは普通科で学ばれました。

普通科内は普通科と国際教養学類の2つのコースに分かれていますが、春風亭昇吉さんがどちらのコースに進んだのかは不明です。

岡山県立岡山城東高等学校
所在地:〒703-8222 岡山県岡山市中区下110
設 立:1987年1月1日
共学・別学:男女共学

春風亭昇吉が卒業した大学

春風亭昇吉さんは高校を卒業すると岡山大学経済学部に進みます。

そして同校卒業後の23歳で東京大学文科二類(経済学部)に入学しました。

そして2007年に東京大学経済学部経営学科を卒業します。

卒業時には落語選手権優勝や、落語ボランティア活動などが評価され、東京大学総長賞と東京大学総長大賞を受賞しています。

つまり春風亭昇吉さんは国立大学を2つも卒業したことになります。

岡山大学経済学部
所在地:〒700-0080 岡山県岡山市北区津島中3丁目1−1
東京大学経済学部
所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3−1

 

春風亭昇吉の俳句の評判は?


春風亭昇吉さんの俳句はとても高い評価を受けています。

バラエティ番組『プレバト!!(TBS系列)』の「俳句の才能査定ランキング」では、わずか2回の挑戦で特待生5級を勝ち取りました。

その俳句の出来栄えは永世名人である梅沢富美男さんをも唸らせています。

春風亭昇吉さんの俳句の評判
才能アリ1位 → 特待生5級75点

気象予報士としての春風亭昇吉の評判は?

春風亭昇吉さんは2011年に気象予報士の資格を取得しています。

そして2013年4月1日から9月27日まで、フジテレビ系列で平日午後に生放送されていたワイドショー/情報番組『アゲるテレビ』で、気象キャスターを務めています。

ですから気象予報士としては一定の評価をされていたことになります。

西尾由佳理と春風亭昇吉の関係とは?

西尾由佳理さんと春風亭昇吉さんは、前掲の『アゲるテレビ』で共演しています。

西尾由佳理さんが総合司会で、春風亭昇吉さんが気象キャスターだったのですが、ある時出来事が持ち上がります。

2013年の出来事ですが、メディアは次のように伝えています。

視聴率低迷の西尾由佳理 落語家の一言が逆鱗に触れ不機嫌に

最近つとに機嫌が悪いのが、元日テレ・西尾由佳理アナ(35)だ。フジテレビの『アゲるテレビ』に鳴り物入りで起用されたものの、視聴率は超のつく低空飛行。4月スタートにもかかわらず、早くも打ち切りすら囁かれ始めた。

そんなイライラからか、番組中でまさかの「プッツン事件」を起こしてしまった。それは4月22日放送での出来事だった。気象予報士の資格を持つ落語家・春風亭昇吉が亀戸天神から中継した際の一言が、西尾アナの逆鱗に触れたのである。

「藤の花が満開だったので、昇吉さんは“フジが満開です”と、“フジ”と“藤”をかけるようなレポートをしたんです。そしたら西尾アナが一気に不機嫌な表情になってしまった。

番組終了後も、周りのスタッフに“あれ何なんですか?”“私はフジじゃないんですけど……”とグチっていた。それぐらい別にいいんじゃないかと思うんですけどね(苦笑)」

引用元:週刊ポスト 2013.06.07(https://www.news-postseven.com/archives/20130607_192050.html?DETAIL)

8年前に少々気まずくなった様ですが、流石に今は和解しているのではないでしょうか。

春風亭昇吉のTwitter

春風亭昇吉さんは2016年7月からTwitterを利用しています。

フォロワー数は511人で、これまでに605ツイートしています。

見てみましょう。

春風亭昇吉さんが時そばで経済を解説♪

時そばを現代風にしたらどうなっちゃうんでしょう^ ^

春風亭昇吉さんの著書ならコレ♪

古典芸能の面白さに気づかせてくれる方々をもっとチェックしてみませんか?

こちらからご覧いただけます♪

 

春風亭昇吉はいよいよ真打ちに昇進


以上、春風亭昇吉さんについて見てきました。

国立大学を2つも卒業しているんですね。

しかも東大卒業時には総長賞と総長大賞を受賞しているとは驚きです。

そして落語家としてはいよいよ真打ちに昇進します。

そのうち師匠である春風亭昇太さんに続いて『笑点』メンバーになるかもしれません。

その時が楽しみですね。

今回は、春風亭昇吉の高校はどこ?俳句や気象予報士としての評判!西尾由佳理との関係!をテーマにまとめました。

おすすめの記事