井崎英典の店は福岡のどこ?出身中学や高校を調査!ドリップが凄い!

井崎英典さんといえば、世界を股にかけて活躍する日本人バリスタです。

ドリップがすごいと噂ですが、井崎英典さんのコーヒーはどこに行ったら飲めるのでしょうか?

そこで、井崎英典さんのお店の場所やドリップについて、出身中学・高校を調べてみました。

 

井崎英典のプロフィール

井崎英典(いざき ひでのり)

この投稿をInstagramで見る

 

Hide Izaki (井崎英典)(@hide_izaki)がシェアした投稿 -

生年月日 1990年3月

出身地 福岡県

経歴
・2012年にジャパンバリスタチャンピオンシップにて、史上最年少優勝を果たす

・2014年のワールドバリスタチャンピオンシップでは、アジア人初のチャンピオンになる

井崎英典の店は福岡にある?

若くして、世界の頂点に上り詰めた日本人バリスタって、カッコいいですよね。

そんな人の淹れたコーヒーなら、是非飲んでみたい!と思い、どこにお店があるのか調べてみたのですが……

残念ながら、井崎英典さんは店舗を持っていないようです。

というのも、井崎英典さんは現在、コーヒーに関わる事業を手掛けるコンサルタントとしての仕事や、コーヒーエヴァンジェリストとして活動しているからです。

エヴァンジェリストとは、もともとはキリスト教において「伝道師」を意味する言葉でした。

それが近年、企業などにおいて「サービスや製品をわかりやすく伝える」役職名として使われ出しました。

つまり、「コーヒーエヴァンジェリスト」とは、コーヒーの魅力を伝える伝道師、ということですね。

コーヒー関係の商品の開発やコーヒーの啓蒙活動で、世界中を飛び回っているため、店舗は特に持っていないようです。

店舗が無くてもコーヒーが飲める?

しかし!

ちょっと意外な、身近な所で井崎英典さんのコーヒーが飲めることがわかりました!

皆さんもよくご存じであろう、ファストフード店の「マクドナルド」。

この、マクドナルドのコーヒーを、「完全監修」しているのが井崎英典さんなのです!

直接井崎英典さんが淹れたコーヒーが飲めるわけではありませんが、「完全監修」ですから、それに近いものがあるのではないでしょうか。

福岡にあるのは父の店

もう一つ、井崎英典さんの直接の店舗ではありませんが、そのルーツとなった店が福岡に存在します。

それは、井崎英典さんの父親の店です。

福岡市にある「ハニー珈琲」は、井崎英典さんの父・克英さんの店です。

井崎英典さんが、バリスタの仕事を最初に始めたのがこのお店です。

ハニー珈琲は福岡県内に10店舗を展開する、地元の人気店でもあります。

お近くの方は是非行ってみて下さいね!

 

井崎英典の出身中学・高校はどこ?

世界中を飛び回って活躍する井崎英典さん。

一体どんな学生生活を送っていたのでしょうか?

この投稿をInstagramで見る

 

Hide Izaki (井崎英典)(@hide_izaki)がシェアした投稿 -


調べてみましたが、中学・高校について明確な学校名は出てきませんでした。

中学時代、生活指導の先生の勧めでバドミントンを始めると夢中になり、県大会で上位入賞をするレベルになります。

高校は、体育科のある高校にバドミントンの特待生として進学しました。

しかし、思うように成績が伸びず、一年で高校を中退してしまいます。

中退後、父親のコーヒー店で働き始めますが、ここで英語や経済の勉強の重要性を感じ、通信制高等学校で勉強を始めます。

2009年には法政大学国際文化学部国際文化学科に入学し、同時に株式会社丸山珈琲にも入社します。

都内で学業をこなしながら、週末に仕事場である長野に通っていました。

入った高校を一年で辞めてしまった事も驚きですが、その後に自分で必要性を感じて勉強しなおし、大学まで入ったのはすごいですよね。

 

井崎英典のドリップがすごい!

井崎英典さんのコーヒーを淹れる技術とは、一体どういうものなのでしょうか?

この投稿をInstagramで見る

 

Hide Izaki (井崎英典)(@hide_izaki)がシェアした投稿 -


「ドリップコーヒー」という言葉は良く聞きますが、どういう意味かご存知ですか?

「ドリップ」は、英語で滴るという意味です。

エスプレッソマシンのように圧力はかけず、注いだお湯の重みだけで抽出するコーヒーを「ドリップコーヒー」と言います。

このドリップ方法にもたくさんの種類があります。

紙やネル(布)のフィルターを使う方法や、サイフォン、フレンチプレスといった専用の器具を使う方法など、実に多岐にわたります。

バリスタ・井崎英典のコーヒーとは

2019年12月に発売された井崎英典さんの著作では、コーヒーの淹れ方について書かれています。

しかし、単純に淹れ方だけが紹介されているわけではありません。

ここでは、「自分好みのコーヒーを淹れる事」について書かれています。

まず自分の好きな味を探すところから始まり、豆選びや抽出方法、味を再現していく方法など、「美味しいコーヒーの淹れ方」ではなく「その人にとっての最高の一杯を探す方法」が書かれています。

コーヒーは、人種、国境、言葉、ありとあらゆる壁を超えて、グローバルに人を繋ぎ、人に安らぎを与えてくれる最高の嗜好品です。

そんなコーヒーの普遍性ある魅力を世界中の人々に伝え、そしてコーヒーの新たな価値を創造すること、これが私にできるコーヒーへの恩返しだと思っています。

そして『コーヒーを通して世界中を幸せにしたい』このミッションを胸に全てのコーヒーを愛したいと強く思っています

引用元:井崎英典オフィシャルサイト
http://hidenori-izaki.com/

井崎英典さんのバリスタとしての技術は、もちろん世界が認める物です。

ですが、井崎英典さんはそれをただ押し付けるのではなく、飲む人に合う物を提供出来るようにと心がけています。

井崎英典さんのすごいドリップとは、飲む人の事を考えた優しい一杯の事を言うのかもしれませんね。

井崎英典さんが、動画で教えてくれるなんてラッキーですね♪

こちらの”教科書”はもっと詳しく学べそうですね^^

ワールド・バリスタ・チャンピオンが教える 世界一美味しいコーヒーの淹れ方

料理人の世界は、本当に奥が深いですね!

 

井崎英典の今後の活動に注目

コンビニにはコーヒー飲料が並び、コーヒーショップも随分増えました。

この投稿をInstagramで見る

 

Hide Izaki (井崎英典)(@hide_izaki)がシェアした投稿 -


それだけ、コーヒーは年代問わず親しまれるようになってきたと言う事でしょう。

これからも美味しいコーヒーが増えるよう、井崎英典さんの活躍に期待したいですね。

おすすめの記事