瀬﨑祐介のwikiプロフや経歴!お店の名前や場所はどこ?クラシック節について!

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/noo/trendytalking.com/public_html/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 143

瀬﨑祐介さんはクラシック節という鰹節の製造販売をしている方です。

クラシック節という、日本古来の食べ物である鰹節には珍しいカタカナのネーミングも注目を集めています。

そのため、製造する瀬﨑祐介さんプロフィールや経歴、気になりますね。

クラシック節という名前の由来や製造法なども興味が出てきます。

また、クラシック節が購入できるお店の名前や場所はどこなのでしょうか。

そこで今回は、瀬﨑祐介のwikiプロフや経歴!お店の名前や場所はどこ?クラシック節について!をテーマにまとめました。

 

瀬﨑祐介のプロフィール

瀬﨑祐介(せざき ゆうすけ)

この投稿をInstagramで見る

 

金七商店(@kaneshichi_jp)がシェアした投稿


出身地:鹿児島県枕崎市
所属:金七商店
職業:会社経営(鰹節職人)

瀬﨑祐介さんはクラシック節という鰹節を製造販売するお店を経営している方です。

2021年のテレビ出演時の年齢が40歳であることはわかっています。

伝統職人としては若く、瀬﨑祐介さんの作る鰹節は多くの方から高い評価を受けてきました。

瀬﨑祐介の経歴

瀬﨑祐介さんは学歴についても詳しい情報がありません。

しかし、大学を卒業していることは判明しています。

その後枕崎に帰郷し実家の会社を継いでいます。

ですから、学時代や大学卒業後の就職で一時故郷を離れていたことも間違いないです。

帰郷が2004年ということなので大学卒業後それほど長く他の職業に就いていたということもなく、学校を出てからはほぼ鰹節の製造に情熱を注いでいと考えられます。

瀬﨑祐介のお店の名前や場所はどこ?

瀬﨑祐介さんの会社は鹿児島県枕崎市にある「金七商店」です。

枕崎といえば、瀬﨑祐介さんの会社以外にも多数の会社が鰹節を製造しているところとして知られています。

枕崎漁港が鰹の名産地なので、鰹節製造が盛んです。

 

瀬﨑祐介はお店の四代目

この投稿をInstagramで見る

 

金七商店(@kaneshichi_jp)がシェアした投稿


瀬﨑祐介さんは「金七商店」の四代目、初代がお店(問屋)を始めた時は熊本で営業されていました。

二代目がサバ節の製造に取り掛かるといった時代を経て、三代目・四代目とお店が引き継がれています。

四代目・瀬﨑祐介さんの手腕でお店は全国で名前を知られるまでに成長しました。

瀬﨑祐介が作るクラシック節

瀬﨑祐介さんが魅力を感じたのは「本枯節」です。

鰹節の中でもカビをつけて完走度をより高めた高級品になります。

私たちが普段料理に使う鰹節は本枯節ほど本格的な工程を経ていません。

瀬﨑祐介さんが魂を注いで製造した鰹節はキロ3万円越えという値段がつき、一流料理人も納得する風味を持ちます。

クラシック節の作り方

瀬﨑祐介さんの製造する鰹節の商品名はクラシック節、カビ付けの工程で鰹節にモーツァルトを聴かせています。

酒の麹にクラシックを聴かせると美味しくなるといった研究はすでになされており、同じカビ熟成の工程がある鰹節にクラシックを聴かせるという方法で製造されています。

お店の黒板には、その日聴かせているモーツァルトの曲目が書いてあります。

 

瀬﨑祐介の鰹節の受賞歴

この投稿をInstagramで見る

 

金七商店(@kaneshichi_jp)がシェアした投稿


瀬﨑祐介さんの鰹節が注目されているのは、名前や製造法の物珍しさだけではありません。

2008・2012年と水産庁長官賞を受賞しており、その品質も評価されているからです。

ごはんに削り節をそのまま載せ、しょうゆを少し垂らして食べるようなシンプルなレシピも、絶品と評価されてきました。

瀬﨑祐介の鰹節は有名人も舌鼓

瀬﨑祐介さんの鰹節はメディアでも紹介されています。

そして、瀬﨑祐介さん自身がクローズアップされることも珍しくありません。

メディア出演を通し、さかなクンさんや休日課長(ゲスの極み乙女。)さんたちとの交流も見られます。

中田英寿さんが日本文化を紹介するメディア「に・ほ・ん・も・の」にも登場しました。

瀬﨑祐介の結婚した妻や子ども

瀬﨑祐介さんの奥様については名前や職業などの情報がありません。

しかし、結婚してお子さんがいます。

SNSなどで「5代目」として一緒に映っている男の子や、女の子のお子さんの写真が確認できます。

瀬﨑祐介さんのお店は代々父から子へと受け継がれてきたので、瀬﨑祐介さんやお店のファンは5代目の成長が楽しみですね。

瀬﨑祐介さんのクラシック節♪

これは食べたくなる^ ^

クラシック聴くならコレ♪

美味しい料理が気になったら料理研究家をもっとチェックしてみませんか?

こちらからご覧いただけます♪

 

瀬﨑祐介の活動に注目

この投稿をInstagramで見る

 

金七商店(@kaneshichi_jp)がシェアした投稿


瀬﨑祐介さんは若くして、国内でも有数の本枯節製造業者として知られるようになりました。

まだまだ美味しい鰹節を作りたいという熱意は強く、現在クラシックだけでなくロックを聴かせるなど、新しい試みをしています。

今後瀬﨑祐介さんがどんな鰹節を作り、日本食を支える出汁に革命をもたらしていくのでしょうか。

今回は、瀬﨑祐介のwikiプロフや経歴!お店の名前や場所はどこ?クラシック節について!をテーマにまとめました。

おすすめの記事