沢松奈生子は若い頃からがんになりかけた?住まいや所属事務所はどこ?

沢松奈生子さんと言えば、情報番組やバラエティ番組等で、キレの良いコメンテーターとして人気を博していますよね。

そんな沢松奈生子さんは、かつては世界的なプロテニス選手でした。

その豊富な経験に基づいたスポーツに対する眼は今も健在で、今後も活動が見込まれている方です。

ところが、沢松奈生子さんが出演した健康番組で、食道がんの可能性を指摘されました。

過去の経歴から健康そうに見ますが、実際は若い頃からどうだったのでしょうね?

ちなみに、若い頃から高額収入を稼がれている沢松奈生子さんのお住まいや、所属事務所はどの様なところなのかも気になります。

そこで、今回は情報番組でコメンテーターとして活躍している、沢松奈生子さんの若い頃からがんになりかけた話や、現在の住まいや所属事務所などについてまとめました。

沢松奈生子とは:元女子プロテニス選手

沢松奈生子(さわまつ なおこ)

この投稿をInstagramで見る

 

ちちんぷいぷい(@puipui_mbs)がシェアした投稿 -

出 身:兵庫県出身

誕生日:1973年3月23日

学 歴:神戸松蔭女子学院大学卒業

職 業:スポーツコメンテーター・コラムニスト

肩 書:バルセロナ・アトランタ五輪日本代表選手

日本女子テニス連盟名誉会員

日本テニス協会普及本部環境委員

日本オリンピック委員会総務委員会事業広報専門委員

沢松奈生子さんは、元女子プロテニス選手です。

シングルス自己世界ランキングで最高14位の成績を修めた名選手であり、現在では情報番組のコメンテーターや講演会などを中心に活動しています。

沢松奈生子の経歴

沢松奈生子さんは、1973年に兵庫県西宮市で誕生しています。

沢松家は代々続くテニス一家として名を馳せており、沢松奈生子さんもまた幼少時代よりテニスを始め、中学時代には国内のほとんどのタイトルを獲得するほどの実力者となっています。

1988年の全日本テニス選手権では、女子シングルスで初出場ながらも初優勝を果たしています。

1990年にテニスの強豪校として知られる神戸松蔭女子学院大に進学しており、同時にそれまでの記録が認められることによってプロ入りを果たしています。

それ以降はウィンブルドンを始めとする世界大会に出場し続け、

◯世界ランキング30位内を維持

◯自己最高ランキング14位

◯1992年バルセロナ五輪日本代表

◯1996年アトランタ五輪日本代表

などの功績を残しています。

1998年に現役を引退して、以降はスポーツに関するコメンテーターやコラムニストを中心として活躍しています。

沢松奈生子の実家はテニス一家

沢松家は曾祖父の頃から続くテニス一家で、

沢松忠幸(父親)

沢松順子(母親)

沢松和子(叔母)

も数々のテニスの世界大会で活躍しています。

また日本テニス協会にも

沢松和子……日本テニス協会副会長

沢松奈生子…日本テニス協会普及本部環境委員

として従事しており、また祖父である沢松豊さんはかつて日本テニス協会の顧問に就いていた時期があることからも、沢松家のテニスへの関わりは公的な部分にも影響を与えていることが窺えます。

沢松奈生子が若い頃からがんになりかけた話

沢松奈生子さんは、2019年にテレビ東京系列の健康番組「主治医が見つかる診療所」に出演した際に、コレステロールの値が著しく高い事で注意を受けたことがあります。

この投稿をInstagramで見る

 

ひめのともみクリニック(@himenotomomi_)がシェアした投稿 -

その値は、悪玉コレステロール値が「178」。

食道がんになる可能性が、医師によって指摘されています。

「主治医が見つかる診療所」で紹介された情報

深刻度第1位の沢松奈生子。将来食道がんを発症する可能性があるという。以前の血液検査では悪玉コレステロールの値が基準値をオーバーしていて、番組主治医からは極端な野菜嫌いと肉好きを指摘されていた。そこで悪玉コレステロールの値を下げるアボカド料理を教わったが、今回の人間ドックで食道がん発祥の可能性が判明した。
(中略)
沢松奈生子に見つかった食道がん発症の危機。胃カメラ検査を行ったところ、数十倍もがんになりやすいバレット食道が発覚した。逆流性食道炎が悪化して起こる場合が多いという。バレット食道になると細胞が不安定になるため、食道がんになる可能性が約50倍になる。バレット食道の原因が大食いや早食いなどの食生活。沢松はステーキ300gを15分で完食していた。

引用元:価格.com(https://kakaku.com/tv/channel=12/programID=5163/episodeID=1280912/)

実は、沢松奈生子さんは、若い頃から牛肉を好物として多量に食べる方でした。

そして、長年に渡って同じような食生活を送っている模様です。

食道がんは年齢とともにその発症率を増す疾病であり、20代くらいでは珍しい病気とされていますが、その潜在因子が積み重ねられている状態であったことは間違いないと言えるでしょう。

また、番組内で食道がんになる可能性が著しく高まる状態である「バレット食道」であることが検査の結果判明しており、食生活の改善を強く求められています。

沢松奈生子の好物は「牛肉」

沢松奈生子さんは、プロフィールで好物に「牛肉」を挙げているくらいの、筋金入りの牛肉好きです。

地元が兵庫県という牛肉の名産地であり、食べている牛肉もかなりの美味であることが窺えます。

とは言え、ステーキの脂身部分を好きであると発言した噂もある模様であり、やはり不健康な感じは否めない所です。

今後は、牛肉を少し抑え気味にして、野菜も多く摂取して欲しいところですね。

沢松奈生子の現在の住まいや所属事務所


沢松奈生子さんは、

◯毎日放送「ちちんぷいぷい」

◯TBSテレビ「あさチャン!」

などでコメンテーターとして活躍していますが、現在の住まいや所属事務所などはどちらなのでしょうか?

ここでは、それらについて紹介します。

沢松奈生子の住まい

沢松奈生子さんの実家は、兵庫県西宮市にあります。

かなりの資産家と言われており、かなり大きい豪邸だったと言われています。

残念ながら1995年の阪神・淡路大震災の時に全壊する被害に遭ったと言われていますが、現在では再建した模様です。

ただ、現在では神戸の実家に住んでいる訳ではなく、「あさチャン!」などの活動に合わせて首都圏に居を構えているとされています。

沢松奈生子の所属事務所

沢松奈生子さんの現在の所属事務所は「Wonder Box L.L.C.(ワンダーボックス)」です。

東京都港区麻布十番に位置する事務所であり、かつては元巨人の桑田真澄さんや岡島秀樹さんが所属していた模様です。

業務内容は所属しているスポーツ選手やトレーナーなどのマネージメントであり、企画の手配や法務関連など全般的に渡ってサポートしています。

現役を引退された後もテニス界に貢献されていますね!

カードまで販売されていて、現役時代から大人気だったんですね!

BBM2019平成■レギュラーカード■022/沢松奈生子/テニス ≪BBMスポーツトレーディングカード平成≫

他にも、現役を引退されてからも活躍されている元アスリートの方々がたくさんいらっしゃいます!

ぜひ、こちらかもチェックしてみて下さいね^^

沢松奈生子の今後の活躍に注目

コメンテーターとしての活躍で、人気に陰りを見せない沢松奈生子さん。

この投稿をInstagramで見る

 

ちちんぷいぷい(@puipui_mbs)がシェアした投稿 -


あとは、節食に取り組むことで、長く活躍して頂きたいですね。

今回は情報番組でコメンテーターとして活躍している、沢松奈生子さんの若い頃からがんになりかけた話や、現在の住まいや所属事務所などについてまとめました。

おすすめの記事