杉山春の経歴や著書が凄い!出身高校や大学はどこ?結婚した旦那や子供について!

杉山春さんはルポライターとして子育てや親子問題などをテーマに取材・執筆活動を行っています。

その杉山春さん、経歴や著書が凄いと話題ですが内容はどんな感じなんでしょうか?

そして杉山春さんの出身高校や大学はどこなのかも気になりますね。

今回は、杉山春さんの経歴や著書が凄い!出身高校や大学はどこ?結婚した旦那や子供について!をテーマに調査しまとめました。

 

杉山春のプロフィール

杉山 春さんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

すーべにあ文庫(@souvenir_bunko)がシェアした投稿 -

名 前:杉山 春(すぎやま はる)

生 年:1958年

出 身:東京都

職 業:フリーライター

著 作:「満州女塾(新潮社)」、「ネグレクト 育児放棄―真奈ちゃんはなぜ死んだか―(小学館)」

杉山春さんはルポライターです。

早稲田大学卒業後、雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。

これまで子育てや親子問題、あるいは子殺しなどをテーマに取材・執筆をしてきました。

杉山春の出身高校は?

杉山春さんは東京都の出身ですが高校は三重県立津高等学校を卒業しています。

津高校は開校以来一度も制服が制定されたことがなく、同校の自由な校風をあらわしています。

2007年4月よりスーパーサイエンスハイスクール指定校になるなど、三重県内では進学校として知られています。

三重県立津高等学校
所在地:〒514-0042 三重県津市新町3丁目1−1
電 話:059-228-0256
偏差値:67

杉山春の出身大学は?

杉山春さんは高校を卒業後、早稲田大学第一文学部(現:文学部)に進学し卒業しています。

ただし、どの学科だったのかについては明らかにされていません。

早稲田大学文学部
所在地: 〒162-8644 新宿区戸山1-24-1
偏差値:67.5

杉山春の家族は?旦那や子供はいるの?

杉山春さんは「論座」のインタビューの中でお子さんがかつて不登校だったことを明かされています。

私の子どもは小学校2年生のときから中学2年生まで不登校の傾向が強かったのです。中学2年になり、親元を離れて学校で1週間の秋田旅行に行ったあと、「ほかの子も自分と同じだとわかった」と言い出し、学校に通うようになりました。今、高校生です。

引用元:論座 2014年01月22日(https://webronza.asahi.com/business/articles/2014011900003.html)

2014年で高校生ということは、現在は大学生か社会人ということになります。

杉山春さんが家族について語ることは少なく、お子さんについてもこのインタビューくらいしかありません。

お子さんがいる以上、結婚はされたと思いますが、旦那さんについての情報はありませんでした。

 

杉山春の主な著書をご紹介

杉山春さんの著書をAmazonで確認したところ、これまでに9冊ほど刊行しているようです。

この投稿をInstagramで見る

 

☾(@nezuminozumi)がシェアした投稿 -

その中から代表的な著書の内容をご紹介しましょう。

内容はすべて「BOOK」データベースによるものです。

杉山春の著書「ネグレクト 育児放棄―真奈ちゃんはなぜ死んだか」

単行本: 253ページ
出版社: 小学館
発売日:2004/11

3歳の女児は段ボール箱でミイラのように餓死していた。2000年12月10日、愛知県名古屋市近郊のベッドタウンで、3歳になったばかりの女の子が20日近くも段ボールの中に入れられたまま、ほとんど食事も与えられずにミイラのような状態で亡くなった。両親はともに21歳、十代で親になった茶髪の夫婦だった。なぜ、両親は女の子を死に至らしめたのか、女の子はなぜ救い出されなかったのか。3年半を超える取材を通じてその深層に迫った衝撃の事件のルポルタージュ。第11回小学館ノンフィクション大賞受賞。

杉山春の著書「ルポ 虐待 ――大阪二児置き去り死事件」

単行本: 265ページ
出版社: 筑摩書房
発売日:2013/9/4

二〇一〇年夏、三歳の女児と一歳九カ月の男児の死体が、大阪市内のマンションで発見された。子どもたちは猛暑の中、服を脱ぎ、重なるようにして死んでいた。母親は、風俗店のマットヘルス嬢。子どもを放置して男と遊び回り、その様子をSNSで紹介していた…。なぜ幼い二人は命を落とさなければならなかったのか。それは母親一人の罪なのか。事件の経緯を追いかけ、母親の人生をたどることから、幼児虐待のメカニズムを分析する。現代の奈落に落ちた母子の悲劇をとおして、女性の貧困を問う渾身のルポルタージュ。

杉山春の著書「家族幻想: 『ひきこもり』から問う」

新 書: 238ページ
出版社: 筑摩書房
発売日:2016/1/6

現在、「ひきこもり」と呼ばれる人々の数は、およそ七〇万人、親や社会の価値観でみずからを束縛した挙句、羞恥心と屈辱にまみれざるをえなかった彼・彼女たち。ひとたび密室に閉じこもれば、家庭は激しい暴力に満ちた世界へと一変することも…。現代を支配する息苦しさの象徴である「ひきこもり」を長年にわたった取材し、絶望の底で現代の辛苦に寄り添ってきた著者が、“家族の絆”という神話に巨大な疑問符をつきつける。閉ざされた内奥に目を凝らし、現代の希望を探しもとめる圧倒的なノンフィクション。

 

社会問題にライターとして取り組む杉山春さん。

コロナウィルスが深く社会生活に影響を与えている今こそ一人一人が向き合う課題ですね。

子どもの痛ましい事件を考える一助に…

児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書)

どう向き合ったらよいのか難しい問題からの問いかけ

家族幻想 「ひきこもり」から問う (ちくま新書) [ 杉山春 ]

日本の中で起こる様々な問題に真剣な意見を送る記者をもっとチェックしてみませんか?

こちらからご覧いただけます♪

杉山春の著書から学ぶ向き合うことの必要性

以上、杉山春さんについて見てきました。

この投稿をInstagramで見る

 

aki.✎…よんだほん(@am.16____book)がシェアした投稿 -

杉山春さんがテーマにしている問題は重いものですが、ときにはこうした著作に触れるのもいいのではないでしょうか。

臭いものに蓋をするように、児童虐待などからは目を逸らしがちですが、時には向き合うことも必要でしょう。

今回は、杉山春さんの経歴や著書が凄い!出身高校や大学はどこ?結婚した旦那や子供について!をテーマに調査しまとめました。

おすすめの記事